しびれの病気 胸郭出口症候群(TOS).view

しびれの病気

胸郭出口症候群の他にも、しびれや違和感が出る病気は沢山あります。


しびれには、多種な病気が隠れています。しびれ自体が病気なのではなく、病気の症状として、しびれが自覚されるわけです。

○脳血管疾患
脳血管疾患は脳梗塞や脳出血があります。通常は片側の半身に異常が出ます。手のしびれのみで出てくる症状はほとんどないとされています。

○脳腫瘍
脳腫瘍は比較的ゆっくりと病状が進行していきます。自覚症状が出てきたらメディカルチェックが重要です。

○多発性硬化症
多発性硬化症は自己免疫疾患です。神経繊維を包んでいる絶縁繊維が壊れて伝達障害が起こります。目の異常、感覚の異常、筋肉の異常などが主に自覚症状として現れます。当然しびれの自覚症状が出てきますので、しっかりとし検査が重要です。

○神経根障害
神経根障害の原因は頚椎椎間板ヘルニア、頚椎の変形、頚椎のゆがみ(アライメント障害)などがあります。

○脊髄病変
脊髄病変の原因も神経根障害とあまり変わりません。ただし、脊髄病変は神経根ではなくて脊髄自体に対しての障害です。自覚症状は両側に出てきますが、悪化してしまいますと上位運動ニューロン障害へと移行する可能性がありますので、必ず両側の自覚症状はメディカルチェックが欠かせません。

○外傷後の血腫
血腫による神経圧迫による神経障害です。神経根障害にも脊髄病変にも成り得ます。内出血により神経を圧迫します

○頚椎、頚髄の腫瘍
腫瘍による神経の圧迫です。これも神経根障害にも脊髄病変にも成り得ます。

○変形性脊椎症
頚椎の変形による神経障害です。これも神経根障害、脊髄病変になり得ます。片側の痺れや両側のしびれが、どちらも出てきます。

○後縦靭帯骨化症
靭帯の肥厚や骨化によって脊髄神経を圧迫します。上位運動ニューロン障害へと発展する可能性があるため、しっかりとメディカルチェックを受ける必要があります。また経過観察をして悪化をしないような生活の工夫が必要です。

○ニューロパチー
両側に起こる神経の異常ですが、神経障害の原因は様々です。

○糖尿病
糖尿病による代謝障害は抹消神経に異常を生じます。糖尿病をお持ちも方は十分注意が必要です。

○手根管症候群
手首の骨の間を走行している正中神経の圧迫で生じる母指・示指・中指のしびれを言います。このしびれは頚椎部における神経根障害との鑑別が重要です。

○ギヨン管症候群
手首の骨の間を走行している尺骨神経の圧迫で起きる間指・小指のしびれを言います。このしびれは頚椎の神経根障害と鑑別が必要です。

○肘部管症候群
尺骨神経の肘部の骨と靭帯によってできたトンネル内での圧迫です。


これらの病気は、いずれもしびれや違和感が出てくる可能性がある病気です。的確な診断をすることで、適切な治療を早く開始することが出来ます。しっかりと医療検査をする事が大切です。中でも脳疾患によるしびれは、深刻です。急に出てきた自覚症状は、必ず医療検査をします。また、一度も検査をしたことがない方は、早めに検査を済ませておくことが肝心です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。