肋鎖関節症候群 胸郭出口症候群(TOS).view

肋鎖関節症候群

胸郭出口症候群の原因の一つに肋鎖関節症候群があります。


肋鎖関節症候群は、第一肋骨と鎖骨の狭い隙間を通る動静脈と腕神経叢が、物理的に圧迫を受ける状態です。
神経圧迫部位.JPG
絵の黄色い線が腕神経です。鎖骨と肋骨の隙間で圧迫を受けます。

原因として考えられる理由は、


○重い荷物を背負っていることが多い場合や、仕事で重いものを背負っていることが多い場合

○鎖骨や第一肋骨の変位

○鎖骨や肋骨を骨折した後の、位置異常や変位


などが考えられます。


確かめる方法としては、肋鎖テストが、そのうちの一つです。自覚症状がある人に、座ってもらいます。そして、特に症状のある方の腕を、床の方に長軸に沿って引っ張ります。引っ張るのは、第三者です。


顎を少し引くことによって、斜角筋が緊張しますので、肋骨は上昇します。すると、鎖骨と第一肋骨下腔は狭くなります。ここで物理的に神経や血管を圧迫します。


片側のこともあれば、両側のこともあります。ただし、両側のしびれが出てきた場合は、脊髄病変が考えられますので、しっかりと医療検査を受けなければなりません。


脊髄病変は進行しますと、上位運動ニューロン障害へと発展し、排便の制御が出来なくなったり、筋麻痺へと移行することがありますので、十分注意が必要です。


肋鎖関節症候群の場合は、姿勢の修正や、緊張している筋肉の緩和、等が治療法となります。予後は良好です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。