斜角筋の痙攣 胸郭出口症候群(TOS).view

斜角筋の痙攣

胸郭出口症候群で、頚部の筋肉によって腕神経叢矢血管が、挟まれて出てくる自覚症状があります。


そのうち斜角筋と呼ばれる筋肉に挟まれて出てくる症状を、斜角筋の痙攣によって起きた胸郭出口症候群としています。

斜角筋による神経縞扼.jpg

絵の赤い部分は前斜角筋です。青い部分は中斜角筋呼ばれる筋肉です。この部分では、この2本の筋肉の間を、頚椎より出てきた神経が、腕の方に走行します。また、血管も走行しいる為、ここでの圧迫は、腕にしびれや違和感を容易に発すると考えられています。


確かめる方法は、アドソンテストハルステッドテストなどを使用して、ある程度の予測が容易に出来ます。


ハルステッドテストは、
自覚症状のある人に座っていただきます。


○とう骨動脈の脈を取ります。

○脈を管理しながら、その腕を長軸方向(床の方向)に牽引(引っ張る)します。引っ張るのは第三者です。

○顎を上にあげます。(上を見るようにします)

○反対の腕にも、同じ操作をします

○左右で比較してみます。


もし、管理している脈が弱くなったり、消失するようですと、肋骨変位や頚肋の存在が疑われます。また、腕への放散する違和感は、斜角筋の痙攣を意味しています。


アドソンテストは、
自覚症状のある人に座っていただきます。

○とう骨動脈で脈を管理します。(脈を取るのは第三者です。)

○脈を管理しながら、頭を左右に傾けます。横を向いた時に、少し顎を持ち上げる姿勢をとります。この状態で、更に脈を管理します。


脈の減弱や消失は、斜角筋によって、腕神経叢、血管を圧迫していることを想像させます。


これだけでは、胸郭出口症候群を確実に判定することは出来ません。自覚症状が出てきたら、まずは、医療検査をしっかりと受けてください。パンコースト腫瘍やその他の重大な疾患が隠れていることも考えられます。


また、両側の自覚症状は特に気をつけなければなりません。脊髄病変が疑われ、進行しますと、排便の制御不能や筋麻痺等が出てくることも考えられます。医療検査は欠かせません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。